吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

作品

関戸本古今集:藤原行成筆

【関戸本古今集:藤原行成筆を臨書しました】 をりて見ば おちぞしぬべきあきはぎの えだもとを々に おけるしらつゆ

『愛』

慶とは、「めでたく思う」「祝う」「喜び事」。 色紙や額に納めてプレゼントしたいと、良く依頼される字です。 使用目的は、 ①おじい様やおばあ様の敬老の日やお誕生日のお祝いに使いたい、 ②入学祝いに使いたい、 ③慶子さんにプ …

目には青葉 山ほととぎす 初かつを

『目には青葉山ほととぎす初鰹(はつがつを)』 作者:山口素堂:1642~1716年の江戸時代の俳人 [訳] 目にはまぶしく輝く木々の新緑が映り、耳には山ほととぎすの鳴き声が聞こえて、口では新鮮な初鰹を味わうことだ。 『鑑 …

大型連休初日ですので【聚】を書きました。意味:集まる。多くの人。

【聚】意味:集まる。群がる。多くの人。 ★店舗や会社などに、飾られる文字です。 多くの方々は長い連休が始まったことと思います。 行楽地は正にこの「聚」の状態ですが、楽しく過ごしましょうね!お仕事がある方々も、頑張りましょ …

河口湖の桜祭りと富士山

河口湖は桜祭りで、多くの観光客で賑わっていました。 私が撮影した富士山です(^^) 『河口湖の桜』を書いてみました。 ピピ(私の猫)も一緒に連れて行きましたので、「河口湖駅」をバックに写真撮影しました。 キャリーバッグが …

【ほろほろと 山吹散るか 滝の音】2Bの鉛筆で書きました。 松尾芭蕉の句。 季語: 山吹 (春)

【ほろほろと 山吹散るか 滝の音】 2Bの鉛筆で書きました。 松尾芭蕉の句。 季語: 山吹 (春) 詠年: 貞享5年(1688) 出典: 笈の小文(真蹟自画賛・画賛・懐紙) 句意: 西河の滝が岩間に激して轟々と鳴りわたり …

人間、志を立てるのに遅すぎるということはない!

【志満】 「人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。」 →イギリスの政治家 スタンリー・ボールドウィン(1867~1947)の言葉 智永の真草千字文を臨書しました(^^) 香龍

善因→良い結果を招く原因となる行い

【善因:良い結果を招く原因となる行い】 困った時に助けてもらえるのは、心が善良な優しい人です。 傲慢でわがままな人は、誰も助けたいとは思いません。 最後にものを言うのは“人柄”です。 日頃の行いには気をつけなくてはいけま …

【福縁】→福なる“ご縁”が繋がりますように!

【福縁】“ご縁”とは必ずしも男女の仲ばかりではありません。友人、仕事仲間、先輩後輩、良い仕事や伴侶を得る・・・等、自分と関わる全ての方との“ご縁”の事を言います。 皆様に「福なるご縁が繋がりますように!」と言う願いを込め …

« 1 25 26 27 30 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.