吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

書道に関すること

さととほみ ひともとがめぬ さくらばな いたくなわびぞ 我みはやせせむ 寸松庵色紙

【さととほみ  ひともとがめぬ  さくらばな  いたくなわびぞ  我みはやせせむ 】 寸松庵色紙  紀貫之筆を臨書しました。 内容は「里が遠いので人に注目されることのない桜をひどく嘆くことはない。私が褒めてあげるから。」 …

とものり いろもかもおなじむかしにさくらめどとしふるひとぞあらたまりける 寸松庵色紙

【とものり いろもかもおなじむかしにさくらめどとしふるひとぞあらたまりける 】 寸松庵色紙 香龍

硬筆(2Bの鉛筆)での「行書」の書き方

『行書』が日常生活で多く使われるのは、 速く書けるという特徴があるからです。 行書には楷書と同じように、書き方の基本技法があります。これをしっかりと身につけとかないと、自由自在に行書を書きこなしていくというわけにはいきま …

正しい鉛筆の持ち方

正しい鉛筆の持ち方 正しい鉛筆の持ち方は 鉛筆と人差し指がくっついています。 正しい持ち方だと 「縦線」が 人差し指と親指の曲げ伸ばしで スムーズに書くことができます。 香龍

インフィニティ(勉強会)

2013年5月15日(水) 日本カルチャー協会の講師の方々と勉強会 を行いました。 我々はインフィニティを 4月6日に結成、(=⌒▽⌒=) お互いにジャンルの違う講師の方々です。 お互いが、どういうことをしているのかを知 …

写経・・・どんな時にお書きになりますか?

【写経】について、5回に渡って書かせて頂きました。 お読み頂きましてありがとうございます。 私が写経を書いたきっかけは、書道の師範を取得するための試験課題 でした。 全く読むことすらできませんでした 。ただ、ひたすら字の …

【写経】(全5回)・・・・⑤準備について(最終回)

お読みいただき有り難うございます。 【写経】⑤・・・準備について ①写経を清書する時は清浄につとめ、床の間に仏画または写経切か心経の軸を掛け、香を焚きたいものです 。 ②硯は、良く磨りるものを選びます。中国のもので端渓か …

【写経】に臨んで(全5回)・・・③手本について

【写経】に臨んで・・・今日は3回目ですがお手本について書かせていただこうと思います。 最近は、「般若心経」や「観音経」の手本を始め、各種の手本が出版されていますが、初心者の方でもできるだけ古写経の各品の図版で習われる事を …

【写経】に臨んで・・・②習い方について

【写経】の習い方について、お話しさせて頂こうと思います。 写経は小楷(細楷)の連続ですから、手が慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれません 。昔から小楷の習い方には2通りの方法があると言われています。すなわち、多くの字 …

【写経】に臨んで (全5回) ・・・①写経の文字について

写経は神聖なる仏典を移す浄行ですから1字1字を丁寧に、書体も謹厳な楷書で書くのが古くからの習わしです。 ここでは、写経を書く前にあらかじめ心得ておきたい若干の事柄を今日から5回にわたってとりあげてみたいと思っておりますの …

PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.