吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

タグ : 禅語

瀧直下三千丈(たきちょっかさんぜんじょう)

瀧直下三千丈(たきちょっかさんぜんじょう) 禅語 解釈:瀧がまっすぐに落ちること、三千丈。 涼しさを強調し語呂を合わせたもので夏の涼しさを呼ぶ一句。 ※三千丈(さんぜんじょう)は、約9000メートル。もちろん、多い、長い …

花知一様春(はなしるいちようのはる)

花知一様春(はなしるいちようのはる)

銀椀裏盛雪(ぎんわんりにゆきをもる)

銀椀裏盛雪(ぎんわんりにゆきをもる) 禅語 意味:白銀の椀に雪を盛ったら、別個の2つの物が、共に白く、同じ1つの物に見える。 2にして1、1にして2、即ち不二一如の関係にあるということ。  

山高月上遅 やまたかくしてつきのぼることおそし

山高月上遅 やまたかくしてつきのぼれることおそし  禅語 意味:山が高いと月が出るのも遅いが、高い山に出た月は既に光り輝いている。 大器晩成をあらわす言葉。偉大な人、器の大きな人は大成するまで時間がかかる。 高い山に遮ら …

放下箸 ほうげじゃく

放下箸 (ほうげじゃく) 禅語     「放下(ほうげ)」とは、投げ捨てる、放り出す、捨て切るの意です。 「著(じゃく)」は命令の助辞で、放下の意を強めるために用います。 「放下著」とは、煩悩妄想はい …

温良恭倹譲 おんりょうきょうけんじょう

温良恭倹譲 禅語 読み方→おんりょうきょうけんじょう 意味→孔子が人と接する態度について言った言葉です。 おだやか・素直・うやうやしい・つつましい・ひかえめなことです。

慎獨 しんどく

慎獨、人のいないところでも、身を慎み、道を外れないようにすること。

本来面目(ほんらいのめんもく) 禅語

本来面目(ほんらいのめんもく)禅語  【出典 道元禅師和歌集】 ※道元(どうげん、正治2年1月2日(1200年1月19日- 建長5年8月28日(1253年9月22日))は、鎌倉時代初期の禅僧。 日本における曹洞宗の開祖。 …

雲去山嶺露(くもさってさんれいあわらる)

雲去山嶺露 禅語 読み方:くもさってさんれいあわらる 意味:覆い隠しているものがあったとしても、本来、誰もが持っている仏性はそこにあり、変わらない。  

祇是未在(ただこれみざい)

祇是未在 読み方:ただこれみざい 禅語 意味:人は死ぬまで現役で修業に終わりはない。勉強すればするほど、まだまだ学ぶことが沢山あることを発見する。 生涯、現役でいる為には、健康・自立・積極的活動が必要である。しかし、病気 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.