吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

作品

『節分』って、どういう意味?

【明日は節分:御嶽神社様から依頼された1.8ℓ升】17㎝×17㎝×8.5㎝ こちらの升は節分の豆まき用の升で、お酒を飲む為ではありません。 『節分』とは季節を分けるという意味です。 一年の始まりが立春ということは、その前 …

【依頼された升】『禄』・・・どういう意味?

【禄 : 依頼された1.8ℓ升】17㎝×17㎝×8.5㎝ 1月も最終日。今朝は快晴で気持ちいいですね。 「『禄』ってどういう意味?」。 毎年、書いているのに知らなかった私は調べてみました。 『禄』→①官に使える者に下付さ …

なぜか「ポキポキ・・・」と鳴るんですよ。

九成宮醴泉銘(欧陽詢)の臨書 お蔭様で装着固定具を外して、 歩けるようになりました! 怪我をしてから、 約半年かかってしまいました^^; 足を上下に動かすと 「ポキポキ」と音がするんですよ。 でも、痛くはありません。 東 …

金無・・・!お渡ししても本当に良いのでしょうか?

九成宮醴泉銘(欧陽詢)の臨書を1ページ目から、2文字ずつ、半紙にお手本を書いています。 なんと「金無」・・・(@_@)。 生徒さんに渡して良いものかどうか、迷いましたが、この部分だけ抜かすわけにもいかず…。 手にした生徒 …

苦しみを経験するから「幸せ」が来た時、そのありがたみがわかります!

私は7月に、足を大怪我して、 ずっと松葉杖で歩けませんでした。 通院以外は、仕事で4回、外出しただけです。 しかも、往復タクシーで・・・。 1日も早く歩けるようになりたい一心で、 必死にリハビリ通院しました。 ギブスをし …

智永が書いた「「真草千字文」の臨書

智永が書いた「真草千字文」の臨書です。 紅葉を見にいらっしゃる方も多い事でしょう! 私は今年は足の怪我の為に、残念ながら、 外出すらできません。 鬼が笑うかもしれませんが、 来年の紅葉を 今から楽しみに しています。 香 …

関戸本古今集(藤原行成筆)の臨書

関戸本古今集(藤原行成筆)の臨書 「むかしあいしりてはべりけるひとの あきののにあひて ものがたりしけるついでによめる」 私はまだ足の怪我が治らず、 松葉杖です。 でも、10日、通院の為に タクシーを道路迄、出て 手を上 …

【青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ】

【青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う】は、 サミュエル・ウルマン(1840年~1924年)ドイツ出身のアメリカの詩人の「青春」という詩の冒頭の文章です。 青春とは臆病さを退ける勇気 安易を振り捨てる冒険心を …

中学生の生徒さんの5月号の課題 『花』

今日は母の日でしたね。 先日、ブログにも書きましたが、 私の母は他界しているため、 カーネーションをプレゼントできません。 母が健在の頃、母の日を大切にすれば良かった… 後悔と自責の念にかられながら、 「ありがとう」と言 …

« 1 26 27 28 29 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.