【慎獨】

禅語

読み方→しんどく

意味→人のいないところでも、身を慎み、道をはずれないようにすること。

慎獨