【鵲瑞】行書体

読み方:じゃくずい

意味:かささぎの鳴き声は、喜びの瑞兆であることから、吉兆の代名詞。

私はギブス・松葉杖です。

タクシーを待っている間、全く知らない方から「気を付けてね」「お大事にね」と、声をかけてもらいます。

病院のエレベータ―の乗り降りの際、他の患者さんが「開く」を押したまま「ゆっくりでいいですからね」と、

大抵の方が私を気遣って下さいます。

今は「書道婚活」の仕事、「整形外科」の通院以外は外出できないです。

行動範囲が狭まった今、改めて、人情味あふれる、良い街に住んでいる幸せをかみしめています。

香龍