継色紙を臨書

作品
めづらしきこゑならなくにほととぎすここらのとしのあかずもあるかな

めづらしきこゑならなくにほととぎすここらのとしのあかずもあるかな 作者:紀友則 訳:毎年、聞いているので珍しい声ではないけれども、ホトトギスは長年にわたってよく飽きずに鳴いているものだなぁ。 ※「めづらし」は目新しくてす […]

続きを読む
作品
おほぞらのつきのひかりしさむければかげみし水ぞまづこほりける

おほぞらのつきのひかりしさむければかげみし水ぞまづこほりける 継色紙 小野道風筆を臨書 古今集 冬・よみ人知らず 解釈:昨夜は大空の月の光が本当に澄んでいて美しかったから、その月の映っていた庭の水が真っ先に凍ったことだよ […]

続きを読む