未分類

未分類
花さそふあらしの庭の雪ならでふりゆくものは我が身なりけり

花さそふあらしの庭の雪ならでふりゆくものは我が身なりけり 作者:入道前太政大臣 現代語訳:落花を誘うような強風が吹く庭では、雪のように桜の花が降っているけれども、本当に古りゆく(ふりゆく)ものは限りある我が身であった。

続きを読む
未分類
とんぼうの腹の黄光り大暑かな

とんぼうの腹の黄光り大暑かな 作者:室生犀星(1989年生まれ~1962年)石川県金沢市出身。 季語:大暑(夏) 意味:トンボのお腹が黄色く光っている大暑の日の光だなあ。 黄色のトンボには、キイトトンボ(本州以南に生息) […]

続きを読む
未分類
幸福の秘密は日常生活の細部に関心をもつことです

幸福の秘密は日常生活の細部に関心をもつことです ウィリアム・モリスの言葉  

続きを読む
未分類
西本願寺36人集 友則集

西本願寺36人集 友則集を臨書しました

続きを読む
未分類
西本願寺36人集 友則集 臨書

西本願寺36人集 友則集 臨書

続きを読む
未分類
悟無好嫌(さとらばこうおなし)

悟無好嫌(さとらばこうおなし) 禅語 解釈:好き、嫌いはすべて自分の心が決めている。

続きを読む
未分類
梵字:地蔵菩薩 、 弥勒菩薩 、薬師如来、 観世音菩薩

梵字 右の行の上段:地蔵菩薩 右の行の下段:弥勒菩薩 左の行の上段:薬師如来 左の行の下段:観世音菩薩

続きを読む
未分類
鏡分金殿燭労(かがみはきんでんのしょくをわかつ)

鏡分金殿燭労(かがみはきんでんのしょくをわかつ) 禅語 解釈→ 美しい物を映している鏡は無心でその物を映すように、周りの存在に自分が惑わされないようにする。  

続きを読む
未分類
菊畑の夕靄かかる山影に

菊畑の夕靄かかる山影に  無影句 季語:菊 (晩秋)

続きを読む
未分類
秋雨に簗音高く山暮るる

秋雨に簗音高く山暮るる 季語:秋雨(秋)

続きを読む