吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

タグ : 寸松庵色紙

寸松庵色紙 

【寸松庵色紙】 香龍

踏みわけて さらにやとはむ もみじ葉の ふり隠してし 道とみながら

【踏みわけて さらにやとはむ もみじ葉の ふり隠してし 道と見ながら】古今和歌集288番 〖解釈〗 踏み分けてさらにこの先、訪ねて行こうか、これは(わざわざ)紅葉が(来ないようにと)降り隠した道だとわかりながら…(いや行 …

白露の 色は一つを いかにして 秋の木の葉を ちぢに染むらん 藤原敏行

【白露の 色は一つを いかにして 秋の木の葉を ちぢに染むらん】藤原敏行作 (寸松庵色紙) 〖解釈〗 露は色々な色をしているわけではないのに、どうして秋の木の葉をさまざまな色に染めるのだろう。   ★ひとつ…「一」 ★ち …

秋風に はつかりがねぞ 聞こゆなる 誰がたまづさを かけて来つらむ 紀友則

【秋風に はつかりがねぞ 聞こゆなる 誰がたまづさを かけて来つらむ 】            紀友則 (古今和歌集・207) (あきかぜに はつかりがねぞ きこゆなる たが たまづさを かけてきつらん)【意味】秋風に乗 …

ほととぎす なが鳴く里の あまたあれば なほうとまれぬ 思ふものから

【ほととぎす なが鳴く里の あまたあれば  なほうとまれぬ 思ふものから】 ◆なが : お前が(汝が) ◆うとまれぬ : 嫌だと思う ◆なほ:やはり 【意味】ホトトギスよ、お前が鳴く里は多くあるので、やはり嫌になってしま …

さととほみ ひともとがめぬ さくらばな いたくなわびぞ 我みはやせせむ 寸松庵色紙

【さととほみ  ひともとがめぬ  さくらばな  いたくなわびぞ  我みはやせせむ 】 寸松庵色紙  紀貫之筆を臨書しました。 内容は「里が遠いので人に注目されることのない桜をひどく嘆くことはない。私が褒めてあげるから。」 …

とものり いろもかもおなじむかしにさくらめどとしふるひとぞあらたまりける 寸松庵色紙

【とものり いろもかもおなじむかしにさくらめどとしふるひとぞあらたまりける 】 寸松庵色紙 香龍

PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.