吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

タグ : 俳句

にわたずみ 梅雨の樹木の 影沈み  無影句

【にわたずみ 梅雨の樹木の 影沈み】 無影句   にわたずみ(潦) → 雨が降って、地上にたまり流れる水。 季語 →梅雨(つゆ):仲夏   香龍

香水の 香にまぎれなし 通り過ぐ  無影句

【香水の 香にまぎれなし 通り過ぐ】無影句  ◆季語:香水(夏)◆まぎれなし(紛れなし):間違えようがない 祖父が詠んだ俳句を書きました。 祖父が出版した俳句の本の中にこの句を見つけた時、正直「ドキッ」 としました。 ① …

たたずめば めだかの列の みだれけり 無影句

【たたずめば めだかの列の みだれけり】 無影句 私の祖父 木村 無影が詠んだ俳句を書いてみました。 【季語】めだか:夏 【解釈】整然と1列に泳いでいた「めだか」。自分がめだかを見ようと川辺に立った為に、めだかの列が乱れ …

潮風に 水辺 明るく 芦茂る 無影句

【潮風に 水辺 明るく 芦 茂る】無影句 香龍

峰の松 そびえて 五月の 雲白く (無影句)

 【峰の松 そびえて 五月の 雲白く】無影句  私の祖父の作った俳句を書きました。   香龍

中庭の 竹に風立ち 春寒き 無影句

【中庭の 竹に風立ち 春寒き 無影句】

床の間に 朝日さしそむ 鉢の梅 無影句

【床の間に 朝日さしそむ 鉢の梅 無影句】 床の間に置かれた梅の鉢に、朝日が差し込んでいるという句です。 梅が咲くとは春が来たな~。長かった冬が去り、暖かい春は物事を始める季節、出会いの季節ですから、心が浮き立ちますよね …

瀬の音の 高まる月を 待ちにけり 無影句

【瀬の音の 高まる月を 待ちにけり】無影句 私の祖父 木村 無影が詠んだ俳句を書きました。 「秋」の句。  奥入瀬渓流の写真:私は中学3年の修学旅行で訪れました。年月を経て、大人になって再び訪れた時に、集団行動でワイワイ …

花にまだ はやき池の辺 鴨鳴ける 無影句

【花にまだ はやき池の辺 鴨鳴ける】無影句 私の祖父 木村 無影が詠んだ俳句を書きました。 季語:「鴨」で冬。  

富士玲壠 あくなく晴れて 冬の空 (無影句)

【富士玲壠 あくなく晴れて 冬の空 (無影句)】 玲瓏(れいろう):意味→美しく照り輝くさま。 私の祖父、木村 無影が詠んだ俳句を 金粉の散りばめられたピンクの料紙に書きました。 満足に足るほど晴天、冬の空には富士山が何 …

PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.