吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

作品

一ところ赤のまま群れ径細し

一ところ赤のまま群れ径細し

虚 大きさ 70㎝×62㎝  

吟風一様松(かぜにぎんず いちようのまつ)

吟風一様松(かぜにぎんず いちようのまつ) 禅語 解釈:松はみな同じように風に梢を鳴らしている。寒山の居する深山の様子を語ったもの。  

碑より碑へそぞろ歩きや草の花

碑より碑へそぞろ歩きや草の花  無影句 季語:「草の花」(秋)秋に咲く草々の花      

吾心似秋月(わがこころしゅうげつににたり)

吾心似秋月(わがこころしゅうげつににたり) 禅語 いみ:私の心は秋の月に似ている。澄み切った悟りの境地を詩の中に託したもの。      

草市にはや夕風の立ちそめて

草市にはや夕風の立ちそめて 季語:夕風(夏)

嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る

嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る 百人一首53番 作者:右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは。937~995)   意味:あなたが来ないのを嘆きに嘆いて一人寝する夜が明けるまでの時 …

馨(キョウ、ケイ)

馨 大きさ:縦70㎝×横62センチ 読み方:音読み→キョウ、ケイ 訓読み→か、かお(り) 意味:1. 良い匂いを発する、香気がたちこめる 2. 良い匂い。良い影響。良い評判

清坐一味友(せいざいちみのとも)

清坐一味友(せいざいちみのとも) 禅語 解釈:小さな茶室に数人の仲間で一つの釜の茶を点じて、共に味わい心も一つになった清々しさの意味。      

頑 70㎝×70㎝の大きさ コロナ禍で、医療従事者の方々をはじめ、皆がそれぞれに毎日を必死に生きています。 頑張っています。 この世に生きていることに感謝です。 ただただ前進するのみ・・・。 明るい未来を信じて・・・。 …

1 2 3 44 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.