いとせめて恋しき時はむぬばたまの夜の衣を返してぞ着る

作者:小野小町