吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

年別アーカイブ: 2016年

関戸本古今集(藤原行成筆)の臨書

関戸本古今集(藤原行成筆)の臨書 みよしのの おほかはのべの ふぢなみの なみにおもはば われこひめやは よみ人知らず 香龍

それでも私は人生をイエスと言う

『それでも私は人生をイエスと言う』 アンネ・フランクの言葉 香龍

微笑んでいれば良い、思いやりと優しさが運を開くのです

『微笑んでいれば良い、思いやりと優しさが運を開くのです』 筆ペンで書きました。 香龍

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

『花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』 四季:(春)   出典:古今集   作者:小野小町 主題:色あせた桜に寄せての、容色の衰えと憂愁の心 歌意:桜の花の色がすっかり色あせてしまったと …

『桜』 高尾で大きな木の幹から出ている可憐な花を見つけました。 変体仮名の「さ」をいれて、濃淡をつけて桜を書いてみました。 香龍

『桜』 香龍

『寺町の 夜更けし坂や 猫の恋』 祖父、木村 無影の俳句

『寺町の 夜更けし坂や 猫の恋』 祖父、木村 無影の俳句です。 桜が開花してきたのに、東京は肌寒いです。 気温差でお風邪を引かれている方も増えています。 お仕事をされている方は、年度末でお忙しい 事と思いますが、皆様、体 …

お彼岸が近いので・・・・

『久方の 雨きく宵や 蓬餅』 季語:蓬餅 (春) 私の祖父 木村 無影が詠んだ俳句です。 お彼岸が近いので、亡くなった祖父の俳句を書いてみました。 故人を思い出すだけでも御供養になるとか・・・(^^) ここに掲載すること …

誰とでも良い関係を築くには

『和敬』 《意味》 心をおだやかにして慎み、相手を敬うこと。 茶道で重んじる精神の一つ。 日常生活を営む上で常に心掛けたいことです 。 そうすれば誰とでも良い関係が築けますよね。 香龍

旅人

『旅人(隷書)』 「無理してでも旅に出よう」 マーク・トウェインの言葉。 旅には我々の想像を超えるような素晴らしさがあります。 「予定を立てて準備をするのは大変ですが、 多少の無理を押してでも旅にでましょう」 という意味 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.