吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

年別アーカイブ: 2016年

受 今年の一文字の依頼を受けて書きました

『受』を依頼されて、書きました。 コンサートで祝福や厚意を「受けた」からだそうです。 年を重ねるごとに、「授ける」より「受ける」方が多くなるとおっしゃっていました。 きっとその方には、人徳がおありだからだと思います。 香 …

香2016.12.16

【香:金文の書体で書いてみました】 金文(きんぶん)とは、青銅器の表面に鋳込まれた、あるいは刻まれた文字のこと(「金」はこの場合青銅の意味)。中国の殷・周のものが有名。年代的には甲骨文字の後にあたります。

美文字セミナー&ランチ交流会in人形町2016.12.21

12月21日(水)美文字セミナー&ランチ交流会in人形町(イタリアンレストラン内) 松稔様は吉本興業第1期生で伸介さんやさんまさんと同期の方です。 2014年5月から松さんと私で『美文字セミナー&ランチ交流会in …

かじかみて言い出すすべも失いし2016.12.14

  『かじかみて 言い出すすべも 失いし』 木村 無影 句 季語は「かじかむ(悴む)で、冬。 私の祖父が詠んだ俳句です。 言い出せなかった理由を「悴んだため」という表わすところが、とてもユーモラスでもあり、粋な …

とっぷりと浅間は暮るるすすき原 2016.12.10

  『とっぷりと 浅間は暮るる すすき原』 木村 無影 句 この俳句は私の祖父が詠んだものです。季語は『すすき』で秋。 祖父母の軽井沢の別荘で、秋景色を堪能して詠んだ句です。 私も浅間山の美しい姿が大好きです。 …

をりをりの 庭木の風や 寒日和 無影句

『をりをりの 庭木の風や 完日和 無影句』 寒日和:季語:晩冬 厳寒中の晴天のこと。空気は乾燥して、はるかまで冴え冴えと澄み渡る。冬晴よりも温度感は低い。 をりをりの(折折の)→意味:時々 『冬晴の朝、時々、庭木に吹き寄 …

筆ペン年賀状セミナー&イタリアンランチ交流会in人形町

【11月28日 年賀状セミナー&ランチ交流会in人形町】 今日は人形町のイタリアンレストラン、ランコントレ・トントさんで 『年賀状セミナー&ランチ交流会』を松稔様と香龍で主催し2年7か月が経ちました。 ① …

美文字セミナー&ランチ交流会in人形町 10月26日

【10月26日(水)13時半~15時半 美文字セミナー &ランチ交流会 in人形町】 私と松稔様で毎月1回、主催しております美文字セミナー&ランチ交流会。 早いもので松さんとご一緒に開催させて頂き、2年半 …

婚活書道10月15日(土)

10月15日(土)に開催された婚活書道の様子です。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。 この日は学生時代の授業以来、初めて筆を持たれたと言う方が殆どでした。 書道の基本をお伝えし、楷書や行書、草書のお手本をお渡 …

9月28日(水)筆ペンセミナー&ランチ交流会in人形町のイタリアンレストラン

【初心者の為の筆文字セミナー&ランチ交流会in人形町】 イタリアンランチを頂きながら名刺交換。 その後、初めて筆を持つ方の為の入門書道セミナー付きという楽しい企画です。 お笑いプロデューサー松稔様と香龍が主催 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.