【短夜の 山鳩なくや 霧深く】無影句

短夜:夏の夜の季語

   春分の日から昼の時間が長くなり、夜の時間は夏至(げし)に至って最も短くなる。

   その短さ、はかなさを惜しむ気持ちを重ねて夏の夜を呼んだのが「短夜」。

 

香龍