風をいたみ岩うつ波のおのれのみ砕けてものを思ふころかな 源重之

百人一首48番

風がとても強いので、岩に打ちつける波が、自分ばかりが砕け散ってしまうように、(あなたがとてもつれないので) わたしの心は (恋に悩み) 砕け散るばかりのこの頃です。