【暗闇に 太古の心 初詣】無影句

今日は大晦日、あと数時間で2018年です。

今年一年、振り返ってみると、沢山の方々とお会いできました。

風邪もひかず、健診ぐらいしか病院のお世話になりませんでしたが、最後に12月14日に右足2か所を骨折しちゃいました。

でも、大難が小難で済んだと考えています。

何より、怪我した私をサポートしてくれる友人、生徒さん達に恵まれたことに感謝です。

こんな時に支えてくれる方々こそ、大きなかけがえのない財産であり、宝物です、今後、私が一番大切にしていきたい方々です。

私は医師から、松葉杖をひっかけられたら2次災害になるからと、初詣は控えるように言われています。

年末なので、筆のお手入れを致しました。今年一年で沢山の筆が反故になりました。歩けるようになったら、「筆さんありがとう」と感謝の気持ちを込めて、お炊き上げに持って参ります。

毎日、研鑽を積んでいっても、到達点がないほど奥が深い「書の道」ですが、

向上心を失わず、学ぶことを諦めなければ、幾つになっても人生は楽しく、面白いものでしょう!

2018年は国内外を問わず、作品を発表できる機会を持つつもりです。

では、皆様、良い大晦日をお迎えくださいね。

香龍