明歴々露堂々(めいれきれき ろどうどう)

禅語

意味:明らかにはっきりと顕れていて隠すところなど少しもないこと。

 

昨年の緊急事態宣言が発令されてから、私は自宅そば(杉並区内)をお散歩する機会が増えました。

玉川上水沿いの美しい木々、鳥のさえずり、花・・・、都心ですがこんなにも自然が豊かで美しい場所だったこと、四季折々で風景が変わることに今更ながら感動しました。

自宅界隈の良さに全く気付いていなかった、見えていなかたのです。

それまでは、あくせくと自宅と駅を往復して、見ようとしなかった、自分自身の姿勢に問題がありました。

 

私が散歩道、玉川上水沿いです。