吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

タグ : 夏の俳句

万緑に 流れ落ち合ふ しぶきあり 無影句

【万緑に 流れ落ち合ふ しぶきあり】無影句 祖父 無影の詠んだ俳句を書きました。 季語→万緑(夏):あたり一面が草木の緑に覆われた状態 香龍

短夜の 山鳩なくや 霧深く  無影句 

【短夜の 山鳩なくや 霧深く】無影句 短夜:夏の夜の季語    春分の日から昼の時間が長くなり、夜の時間は夏至(げし)に至って最も短くなる。    その短さ、はかなさを惜しむ気持ちを重ねて夏の夜を呼んだのが「短夜」。 & …

松蝉や 山の湯に行く わかれ径  無影句

【松蝉や 山の湯に行く わかれ径 】 無影句 蝉(せみ)夏の季語:動物 香龍

犬の医者 来て長話 新茶くむ  無影句

【犬の医者 来て長話 新茶くむ】 無影句 季語: 新茶 → 夏 祖父はチロルという名前のスピッツを飼っていました。 予防接種などで、獣医様に家までいらして頂いていました。 ワンちゃんの話から世間話へと話が弾んだのしょう・ …

にわたずみ 梅雨の樹木の 影沈み  無影句

【にわたずみ 梅雨の樹木の 影沈み】 無影句   にわたずみ(潦) → 雨が降って、地上にたまり流れる水。 季語 →梅雨(つゆ):仲夏   香龍

コート着て 若葉の宿に 濡れそぼつ  無影句

【コート着て 若葉の宿に 濡れそぼつ  無影句】 季語:若葉→初夏 濡れそぼつ → 意味:濡れてびしょびしょになる   香龍 (^o^)

峰の松 そびえて 五月の 雲白く (無影句)

 【峰の松 そびえて 五月の 雲白く】無影句  私の祖父の作った俳句を書きました。 季語:峰の松→夏の俳句     香龍

« 1 2
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.