吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

タグ : 和漢朗詠集

和漢朗詠集 藤原行成筆を臨書

【和漢朗詠集 藤原行成筆を臨書】

和漢朗詠集(夏夜154・155) 藤原行成筆を臨書

【和漢朗詠集(夏夜154・155) 藤原行成筆を臨書】

和漢朗詠集 夏夜150・151・152・153 藤原 行成筆を臨書

【和漢朗詠集 夏夜150・151・152・153 藤原 行成筆を臨書】

和漢朗詠集 藤原 行成筆を臨書

【和漢朗詠集】 146 花の色に 染めしたもとの 惜しければ 衣かへ憂き 今日もあるかな 重之 【意味】春に着ていた花の色に染めた衣を脱ぐのが惜しいので、衣を変えるのが辛い今日であることだ。 首夏 147 甕頭竹葉経春熟 …

和漢朗詠集 藤

【和漢朗詠集 藤】

和漢朗詠集 落下・藤

【和漢朗詠集 落下・藤】

和漢朗詠集 花付落花(はな つけたり らつくわ)

和漢朗詠集 花付落花(はな つけたり らつくわ) 【書いた内容の解釈】 花が上林苑に目も鮮やかに咲き始め、(高官たちを乗せた)軽やかな車が都大路を塵を巻き上げて疾走していく。 猿が物寂しい深山に泣き叫び、西に傾いた月の光 …

PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.