吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

未分類

増上慢(ぞうじょうまん)

【増上慢】 読み方→ぞうじょうまん 禅語 意味→仏教でまだ悟りを得ていないのに、得たと思念して、高ぶった慢心のこと。  

沙羅の花 落ちつぎ 梅雨の深まれる

【沙羅の花 落ちつぎ 梅雨の深まれる】無影句    

愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを。

【愛されることより愛することを。理解されることよりは理解することを。】 マザーテレサの言葉。  

釣り堀に水音たえず草の花

【釣り堀に水音たえず草の花】無影句   季語→草の花(秋)

雨ふくみ桐の花咲く大藁屋

【雨ふくみ桐の花咲く大藁屋】無影句  

山羊遊ぶ 千曲川べり 青くるみ

山羊遊ぶ 千曲川べり 青くるみ   無影句    

天の川名に流れたるかひありて今宵の月はことに澄みけり

【天の川 名に流れたる かひありて 今宵の月は ことに澄みけり】 現代語訳 →天の川の名が世に流れている甲斐があって、今宵の月は特に澄んでいる。  

ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは

【ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは】 百人一首17番   判切(34.5㎝×136㎝)   ●現代語訳 さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえも、こんなことは聞 …

黙々と耕す人に梅匂う

黙々と耕す人に梅匂う 無影句

顔真卿展に行ってきました

【願真卿に行ってきました】 東京国立博物館 平成館で開催。 中学生から願真卿の臨書を何度も何度も繰り返し勉強。 本物を見たのは、初めてです。 あこがれの人にやっと会えた…という感覚に類似してると思います。 凄い人、人、人 …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.