吉祥寺・久我山・渋谷・杉並などで、ビジネスマン・主婦・OL・就活生の為の恥ずかしくない美文字の書き方教室(筆・筆ペン・ボールペン・鉛筆等)を開いています。小学生からシニアの方まで、初心者から師範取得まで親切・丁寧に指導致します。
ブログ

作品

踏みわけて さらにやとはむ もみじ葉の ふり隠してし 道とみながら

【踏みわけて さらにやとはむ もみじ葉の ふり隠してし 道と見ながら】古今和歌集288番 〖解釈〗 踏み分けてさらにこの先、訪ねて行こうか、これは(わざわざ)紅葉が(来ないようにと)降り隠した道だとわかりながら…(いや行 …

松蝉や 山の湯に行く わかれ径  無影句

【松蝉や 山の湯に行く わかれ径 】 無影句 蝉(せみ)夏の季語:動物 香龍

犬の医者 来て長話 新茶くむ  無影句

【犬の医者 来て長話 新茶くむ】 無影句 季語: 新茶 → 夏 祖父はチロルという名前のスピッツを飼っていました。 予防接種などで、獣医様に家までいらして頂いていました。 ワンちゃんの話から世間話へと話が弾んだのしょう・ …

にわたずみ 梅雨の樹木の 影沈み  無影句

【にわたずみ 梅雨の樹木の 影沈み】 無影句   にわたずみ(潦) → 雨が降って、地上にたまり流れる水。 季語 →梅雨(つゆ):仲夏   香龍

コート着て 若葉の宿に 濡れそぼつ  無影句

【コート着て 若葉の宿に 濡れそぼつ  無影句】 季語:若葉→初夏 濡れそぼつ → 意味:濡れてびしょびしょになる   香龍 (^o^)

白露の 色は一つを いかにして 秋の木の葉を ちぢに染むらん 藤原敏行

【白露の 色は一つを いかにして 秋の木の葉を ちぢに染むらん】藤原敏行作 (寸松庵色紙) 〖解釈〗 露は色々な色をしているわけではないのに、どうして秋の木の葉をさまざまな色に染めるのだろう。   ★ひとつ…「一」 ★ち …

寸松庵色紙 

寸松庵色紙 【あきかぜに 初雁がねぞ きこゆなる たがたまづさを かけてきつらん   としゆき】

香水の 香にまぎれなし 通り過ぐ  無影句

【香水の 香にまぎれなし 通り過ぐ】無影句  ◆季語:香水(夏)◆まぎれなし(紛れなし):間違えようがない 祖父が詠んだ俳句を書きました。 祖父が出版した俳句の本の中にこの句を見つけた時、正直「ドキッ」 としました。 ① …

秋風に はつかりがねぞ 聞こゆなる 誰がたまづさを かけて来つらむ 紀友則

【秋風に はつかりがねぞ 聞こゆなる 誰がたまづさを かけて来つらむ 】            紀友則 (古今和歌集・207) (あきかぜに はつかりがねぞ きこゆなる たが たまづさを かけてきつらん)【意味】秋風に乗 …

ほととぎす なが鳴く里の あまたあれば なほうとまれぬ 思ふものから

【ほととぎす なが鳴く里の あまたあれば  なほうとまれぬ 思ふものから】 ◆なが : お前が(汝が) ◆うとまれぬ : 嫌だと思う ◆なほ:やはり 【意味】ホトトギスよ、お前が鳴く里は多くあるので、やはり嫌になってしま …

« 1 2 3 17 »
PAGETOP
Copyright © アトリエ香龍 All Rights Reserved.