風鈴の鳴らねば淋しなれば憂し

作者:赤星水竹居