泉への道後れゆく安けさよ

作者:石田波郷(愛媛県出身の俳人)  『春風』(初和32年)所収。

季語:泉(夏)

石田波郷(1913年~1969年)は戦後まもなく結核の手術を受け、闘病生活を続けた末に昭和44年逝去しました。

暑い日射しの中を歩いてきて、泉に近づく。連れは思わず足を早めて泉に向かう。その後姿を見ながら、こちらはゆっくり後れて歩む。泉が湧きつつ待っているところへ、友人に遅れて一人道をたどる思い。そこに、今生きていることの実感が静かに動いている。それがこの句で告げている「安けさ」である。