この夏の桃のさかりに来てみれば流れにうつる花のくれなゐ 

作者:良寛