開門落葉多(もんをひらけばらくようおおし)

禅語

意味:夜が明けて門を開くと、一面に葉が落ちていた。からりとすべてを捨て去った境涯である。