開径待佳賓(みちをひらきてかひんをまつ)

禅語

意味:賓客を迎える為に、細やかな心配りをすること。

待ちかねた良き客のために道を整える意味。