桜花無尽蔵(おうかむじんぞう)

禅語

解釈:一輪の桜花は短い命であるが、そこに永遠の生命を見出す禅人の境涯。

高尾の桜