春泥といふ言葉のなつかしや(しゅんでいといふことのはのなつかしや)

無影句

短冊作品

季語:春泥(しゅんでい)⇒春

意味:春のぬかるみ。春は、凍結や雪解け、雨などで泥水が乾ききらずに、泥濘(でいねい)が至る所にみられる。※泥濘:ぬかるみ

春泥といふ言葉のなつかしや(しゅんでいといふことのはのなつかしや)

高尾の春。秋の紅葉ではなく、春に赤いもみじです。