壺焼きや夕富士見える茶屋にいて 無影句

季語:壺焼き(三春)

 

都心のビルの谷間から見た夕暮れ時の富士山です。