人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香に匂ひける 紀貫之

百人一首35番目

【解釈】人の心はさあどうだかわからりません。しかし慣れ親しんだこの土地では、梅の花が昔とかわらずにすばらしい香になって匂っていることだ。