死中得活(しちゅうにかつをうる)

禅語

意味:絶体絶命のところで活路を開くこと。