【このたびはぬさも取りあへず手向山 紅葉の錦 神のまにまに】

百人一首24番

読み方:このたびは ぬさもとりあえず たむけやま もみぢのにしき かみのまにまに

 

季節 秋

現代意訳
今度の旅は急いで発ちましたので、捧げるぬさを用意することも出来ませんでした。しかし、この手向山の美しい紅葉をぬさとして捧げますので、どうかお心のままにお受け取りください。

※ぬさ :「幣」と書き、神に祈るためのささげ物で、布や紙でつくらていました。
※神のまにまに :「まにまに」は、「心のままに」という意味

出典
「古今集」