【飲水貴地脈】

禅語

読み方→ みずをのんでちみゃくをたっとぶ

意味→水を飲む時、それをもたらした水脈の尊さを思う。