北斗裏蔵身

読み方→ほくとりにみをかくす

意味→地上的な常識から離れ、天に昇るように自由自在な心を求めたい。