%e5%ae%8c%e6%88%90%e3%80%80%e3%81%9d%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%80%80%e6%b9%af%e5%ae%bf%e3%81%a8%e3%82%82%e3%82%8a%e3%81%a6%e3%80%80%e5%b1%b1%e7%9c%a0%e3%82%8b『そこここに 湯宿ともりて 山眠る』無影句

私の祖父 木村 無影の詠んだ俳句。

山には、温泉宿の灯りがあちこちにともされている様子がうかがえます。

山の暗さと宿の灯りとは明るさが対象的。

山には人気がなく淋しく暗く、それとは対照的に温泉宿には窓から明かりが漏れ宿泊客が多く賑わっている様子が、手に取るように伝わってきます。

短い言葉に祖父のエスプリが効いています。