山茶花の咲きそめ庵は冬に入る

無影句

季語 : 山茶花(さざんか) 初冬

さざんかが一面に咲いている庵を見て、冬の訪れを愛でた作品。

特に珍しいわけではないどこにでもありそうな光景。

誰でも目にしそうな光景だが我々は敢えて俳句に詠んだりはしない。そういう祖父の感性が私は大好きです。

香龍