【節分升】
いよいよ2月になりましたね。

今年も御嶽神社様から、
節分に使う『升』への
毛筆書きをご依頼いただきました。

1.8ℓ升(17㎝×17㎝×10㎝)。

「あなたは毎年、豆まきをなさいますか?」

私は毎年欠かさず豆まきをしています。

半紙に筆で書く時と違って、
木目は、表面がザリザリするので、ひっかかり、筆が思うようにすべらないんです。

手を塩で清めて部屋も綺麗に念入りに掃除して花を飾り、自分なりに神聖なる空間に清めて、書きました。
きちんとした清めの儀式があるのかどうか定かではありませんが・・・。

こんな大きな升で、「私も豆まきしたいな~」と、不謹慎な事を考えながら・・・。
でも、代わりの升がないので、失敗が許されない、何としても、一回できちんと仕上げなければなりません。
これって、私にはかなりのプレッシャーです。

底面の御嶽神社の左横に、
「御嶽神社」の焼き印を後から押すので、
余白をとるよう指示されました。

私は、時々、「新しいことをしてもうまくいかないんじゃないか」、
とか、「だめじゃないかな・・・」とか、弱気になることがあります。
心にマイナスイメージ、ネガティブな思いがよぎることがあるんですよね。
それが、この豆まきで言う「鬼は外」の「鬼」なのでしょう・・・。

節分の日には豆まきをしながら、
「鬼は外~」と心の隙間に入り込みがちな夢泥棒やネガティブな考えとgood-bye。

「福は内~」と心にポジティブな考えや幸せな気持ちが沢山沢山、入ってくるように、スイッチを切り替えます。
「あなたにも節分の日に、
沢山の「福」が入ってきますように!」

香龍