『心』

「先生、授業が終わったら聞いてもらいたいことがあるんですけれど、いいですか?」
と、書道の授業中、一人の女性の生徒さんが切り出しました。

「いいわよ。聞くわよ。」と、私は返答しました。

他の生徒さんが帰宅された後、彼女から1対1で話を聞いていました。

話しながら彼女の頬を涙がつたい、
1時間ほどずっと泣き続け胸の内を聞きました。

「あなたは自分の心の内を話せる信頼できる人は?」と、尋ねました。

「先生」と、ずっと下を向いて泣いていたのに、いきなり顔をあげて、即答、しかも可愛く微笑んでいるんです。この返答に、私もとても嬉しいな…と思いました。

またその笑顔が何ともキュートなんです。

私は生徒さんに限らず、悩みとか親・兄弟にも言えないこと・他の方には言えないことを打ち明けられることが多いです。

しかも、20代から上は80代の方まで…。

人間関係やその方ご自身が或いはご家族の方がかかえるご病気・金銭的な事・・・
悩みのない方はいらっしゃらないのです。
あなただけが悩みをかかえているわけではないのですよ。

『人は一人では生きられません。
良きにつけ、悪きにつけ、人との絡みの中で成長していくものです。
自分にとって、悲しい思いをさせたり、辛い思いをさせる人でも、出会いには意味があるのですよ。
意味のない出会いはありません。』

あなたにもこのことを伝えます。
私もこうやって学んでいるのですから…。
勇気をもって、ご一緒に歩んでいきましょうね!

香龍より心を込めて…