%e5%a1%a9%e8%b7%af%e6%a7%98%e3%80%80%e5%8f%97-%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e7%b8%81『受』を依頼されて、書きました。

コンサートで祝福や厚意を「受けた」からだそうです。

年を重ねるごとに、「授ける」より「受ける」方が多くなるとおっしゃっていました。

きっとその方には、人徳がおありだからだと思います。