薫風自南来(くんぷうおのずからみなみよりきたる)

禅語

意味:初夏の爽やかな風が南より吹いてくる様子。