【湯の匂ふ 手ぬぐい干すや 秋燕】(無影句)

祖父の詠んだ俳句を書きました。

【季語】秋燕(あきつばめ):秋

香龍