禅語→柔軟心 読み方:にゅうなんしん  

意味:柔らかい心。転じて、自分の中の固定観念や先入観を一度横に置いて、相手の言葉に耳を傾けられる柳の枝のしなやかさのような気持ちが大切だ。

社会生活を行う上で、人間関係で苦労されてる方が多いかと思います。
そんな時、この「柔軟心」を思い出してみて下さい!
柔らかい心で生活していれば、相手の言葉に耳を傾ける余裕もでき、頑固さから解き放たれるでしょう…。
又、相手がどうしてそのような態度をとるのか、その方の育ってきた背景なども大きく影響しているんだろうな…などと、一歩引いた見方をする心の余裕もできますよね。


相手に変わることを求めていては先が見えません。まずは、自分の心を柔軟に変えてみることから初めて見て下さい。きっと人間関係がスムーズにいくはずです。


香龍