【朝寒や 熱き紅茶も 日々親し】 無影句

季語:朝寒→晩秋

意味:晩秋、朝のうちだけ、ひやりと寒さを感じる。その寒さは昼近くなると消えてしまう。