月見ればちぢにものこ悲しけれ我が身一つの秋にはあらねど 百人一首23番

作者:大江千里(おおえのちさと)→生没年不明だが9~10世紀初頭。大江音人(おおえのおとんど)の子で、在原業平、行平の甥。

現代語訳:月を見ると、あれこれきりもなく物事が悲しく思われる。私一人だけに訪れた秋ではないのだけれど。

半切(34.5㎝×136㎝)

月見ればちぢにものこ悲しけれ我が身一つの秋にはあらねど