担雪填井(ゆきをになってせいをうずむ)

禅語

解釈:井戸を雪で埋めるような無駄な努力のように、そんな無駄な努力をできる心こそが大切である。