恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか 百人一首41番目

作者:壬生忠見(みぶのただみ。生没年未詳、10世紀半ば)

百人一首にも歌が残る壬生忠岑(みぶのただみね)の子供で、平安時代に栄華を誇った村上天皇の時代に活躍した歌人。
御厨子所(みずしどころ・定外膳部)で働き、後に摂津大目(だいさかん)となりました。

解釈:「恋している」という私の噂がもう立ってしまった。誰にも知られないように、心ひそかに思いはじめたばかりなのに。

緊急事態宣言中、自宅そばの野原で、ふと足元に目をやると、なんと四つ葉のクローバーが!

良いことが訪れそうで、凄く嬉しい!

無邪気に素直に心から喜べました。

コロナ禍で小さな幸せをみいだせました!

 

子供の頃、家の近くの公園に、母と四つ葉のクローバーを探しにしばしば通っていました。

1本見つけると、更に2本目を・・・、時間を気にせず、ひたすら探し続けていました・・・。

そんな優しかった母が亡くなり11年。

昨日が命日でした。