夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿らむ

百人一首36番目