修空華万行(くうげのまんぎょうをしゅうす)

禅語

解釈:どのような行いであっても、心を込めて行ずるならば、それは自らを清め、磨き上げる修行となってくる。