一雨潤千山 いちうせんざんをうるおす】

禅語

解釈:わずかに身を濡らすだけの雨も、見渡せばあらゆるものをゆったりと潤している様子。